So-net無料ブログ作成

「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈MC

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバーで、

グラビアでも人気の浅川梨奈が18日、

実写映画「咲-Saki-」(小沼雄一監督、2月3日公開)

の完成披露上映会に出席。

浅川梨奈

豊満なスタイルの女子高生・原村和(のどか)を演じる浅川梨奈は、

ややタイトな白のニットにブルーのひざ丈スカートという

清楚(せいそ)なファッションでMCを担当。

女性キャストばかりの登壇者のトークを仕切ってみせた。

浅川梨奈

「咲-Saki-」は「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)で

2006年から連載が始まった小林立さんのマンガが原作。

浅川梨奈

全国高校生マージャン大会の

優勝を目指す女子高校生の宮永咲や

原村和らの活躍を描いている。

浅川梨奈

09年にテレビアニメ化され、

14年には「咲-Saki-全国編」のアニメも放送された。

実写映画は、年末に放送されたテレビドラマの続編となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000017-mantan-ent










タグ:浅川梨奈

共通テーマ:芸能

キムタク主演ドラマ、さんまには完敗。 [TVドラマ]

木村拓哉(44)

木村拓哉(44)が主演するドラマ「A LIFE~愛しき人~」の

15日に放送された初回平均視聴率が

14・2%(ビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

だったことが16日、報道されました。


10日に放送された初回が11・8%だった草なぎ剛(42)

が主演するフジ系「嘘の戦争」(火曜後9・00)を上回る上々発進。


しかし、同時間帯に放送された、

明石家さんま(61)が司会の「行列のできる法律相談所」は

17・6%を記録。

さんタク対決”はさんまに軍配が上がったようです。


木村拓哉にとってSMAP解散後最初の主演連続ドラマ。

自身初めて医者を演じ、

共演も竹内結子、浅野忠信と豪華な陣容で、

注目度は高いのですが。


79分の拡大枠で放送された初回は、

柄本明演じる竹内結子の父の心臓手術を

凄腕外科医の木村拓哉が手がけるシーンなど、

重厚な雰囲気を漂わせていましたけど。


しかし、そんな木村医師に立ちはだかったのが、

“お笑い界の巨塔”でした。


午後7時から3時間スペシャルで挑んだ「行列-」は

さんまが司会で、縦横無尽の爆笑トークをさく裂させた。


「-LIFE」が始まった午後9時から、

プロレスラー長州力が30年ぶりに夫人とデートする様子や、

ぺこ&りゅうちぇるのプロポーズなど、

盛りだくさんの企画を連発し、視聴率で上回った。


しかし「A LIFE~愛しき人~」も現在では1月クールの民放ドラマでは首位スタート。

木村拓哉が発した竹内結子を励ます決めぜりふ「大丈夫だ」は、

早くもネット上で話題になっているようです。


竹内結子のほか木村文乃、

菜々緒ら続々と出現する“パートナー”候補との気になる関係など、

2回以降も視聴率浮上の要素がたっぷりありそうですが?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000006-dal-ent










共通テーマ:芸能

ロナルドの新恋人は官能的なモデル、ジョルジーナ・ロドリゲス21歳 [人気アスリート]

ポルトガル代表でレアル・マドリード(スペイン1部)の

FW、クリスティアノ・ロナルド(31)が、

FIFA 2016年の年間表彰式で、

2年ぶり4度目のバロンドール(最優秀選手)に選ばれました。

3人一緒に壇上で写真撮影

このことは世界のメディアが報じていますので、ご存知でしょうが、

なんと、この表彰式の会場に、クリスティアノ・ロナルドは、

息子だけでなく、美女を伴って登場。


しかも、3人一緒に壇上で写真撮影に応じ、

“家族” と認知した格好。

ジョルジーナ・ロドリゲス

この美女はジョルジーナ・ロドリゲス。

ロナルドとは10歳違いの21歳。


スペイン北東部出身で、バレエを学び、

マドリードでモデルとして活躍。


クリスティアノ・ロナルドのガールフレンドになる前は

マドリードの高級ファッションブランド、グッチの店舗で働いていたそうです。

クリスティアノ・ロナルド

ところで、どこでクリスティアノ・ロナルドと知り合ったのか?

イタリアを代表する高級ファッションブランド、

ドルチェ&ガッバーナのイベントのVIPエリアで、

クリスティアノ・ロナルドがジョルジーナの美貌に目を奪われたということです。


写真を見ても分かるように、

官能的な容姿の持ち主ですよね。


ジョルジーナ・ロドリゲスとは11月にパリのディズーランドで

デートしている姿がスペイン誌に報じられ、

新たな恋人の存在が指摘されていました。


交際はまだ数カ月ですが、

Rマドリードの本拠地、

サンティアゴ・ベルナベウでロナルドの息子の面倒を見ながら

応援するジョルジーナ・ロドリゲスの姿が目撃されています。


英紙デイリー・メールはロナルドの息子とは

すでに信頼関係を築いていると伝えています。


公私に順風満帆なロナルドだが、

スペイン・メディアはこんな指摘もしています。


"ロナルドは自分のプライベートでは非常に嫉妬深く、

イリーナには彼らの関係に関して話すことを禁じていた。


さらに、いずれのガールフレンドとも一緒に暮らすことをせず、

イリーナともそうで、

彼女がマドリードにいてもホテルに滞在していた.。"


恋多きスーパースター。

21歳の官能的な容姿のモデルとの今後は果たしてどうなるんでしょうか?

http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/170115/spo17011509050001-n1.html

共通テーマ:芸能

綾瀬はるかの“天然ぶり”が共演陣の一番の思い出 [女優]

綾瀬はるか(31)が14日、

東京都内で行われた主演映画「本能寺ホテル」

の初日舞台あいさつに、ダブル主演の堤真一(52)ら

共演陣とあでやかな着物姿で登壇。

綾瀬はるかの“天然ぶり”が共演陣の一番の思い出

真夏に行われた撮影の思い出を、

「一瞬でアブやブヨに脚を8カ所刺されてボコボコになった」と告白。

かきすぎて脚が血だらけになったそうで、「人生で一番かゆかった」と苦笑い。


そんな綾瀬はるかの“天然ぶり”が共演陣は一番の思い出だった様子。


近藤正臣(74)が、カチカチにかたまったみたらし団子を

「ホテルでチンして食べてください」ともらったことを明かせば、


風間杜夫(67)は「楽屋で『おなかが痛い。“水”みたいなんです』と言っていた」と暴露。

綾瀬はるかを赤面させていた。


「もし戦国武将だったら誰が天下統一できるか」というお題で綾瀬が優勝すると、

堤真一が「オレはイヤ。こんなすっとこどっこいじゃたまらない」

と本気?でツッコミ爆笑・・・・・。

http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/170114/ent17011415370020-n1.html



共通テーマ:芸能

桑田真澄氏の次男、TV初出演! [タレント]

桑田真澄氏(48歳)の次男Matt(マット)野球評論家・桑田真澄氏(48歳)の次男Matt(マット)さん(22歳)。

1月12日に放送されたバラエティ番組

「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に登場。


野球評論家・桑田真澄この日の番組冒頭、タレントの島崎和歌子(43歳)、

お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(44歳)と並び、

ひな壇ゲストのような形で登場したMattさん。


名前を伏せた状態で、

「ある有名な方の息子さん。どなたの息子さんでしょうか?」

とクイズに。


「大物二世」

「似てると言われることは絶対にない」

「(父親は)ジャイアンツのスター選手」


などのヒントを頼りに正解にたどりつき、

桑田氏の次男であることが判明。


Mattさんは普段ブライダルモデルのほか、

芸能関係ではサックス、ピアノ、バイオリン、ドラム、歌など、

音楽方面で活躍しているそうです。


今回が初めてのテレビ出演とあって緊張の面持ちながら、

「(野球は)小学校の頃はやってたんですけど、

あんまり好きじゃなかった…」


「お小遣いはないです。

カードを持ってるんですけど、月100万円行っちゃったことある」

「(カードは)ゴールドで、ブラックは(お父さんに)頼み中です。

まだくれないんです」など、

番組MCの嵐・櫻井翔(34歳)や有吉弘行(42歳)らの質問に答えていた。


髪の毛は金髪に染め、カラーコンタクト、

細身でハーフの雰囲気がある(※両親とも日本人)。


Mattさんの姿に、桑田氏の現役時代を知るファンは驚いた人が多いようで、

Twitterなどネットでは、

「びっくり~」「えっ!?」「似てない」

「桑田っぽさはどこへ」などの声が上がっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/12536389/


共通テーマ:芸能

木村拓哉がドラマ「A LIFE-愛しき人-」の完成披露試写会に [TVドラマ]

昨年末に解散した人気グループ「SMAP」の元メンバー、

木村拓哉が11日、主演するTBS系の連続ドラマ「A LIFE-愛しき人-」(15日スタート)

の完成披露試写会に登場した。


木村拓哉は解散後、初の公の場で、

「ドラマは第1話が始まるところ。最後まで逃げずにやり抜きたい」

と作品への決意を語った。


木村拓哉が演じるのは、かつて親友の裏切りで追われた病院へ戻る腕利きの心臓外科医。

その親友と結婚した元恋人らとの人間模様が繰り広げられる医療ドラマだ。


社会を騒がせたグループ解散を経たせいか、以前より柔和そうな木村拓哉。

医師の監修を受けるという本格ドラマだが、

「一般の方に、今までの医療作品と温度差があると思われるのか、

オンエアされてみないと分からない」、

とやや不安そうに応えていた。


それでも、医師から応援の言葉をもらったと明かし、

「絶対に最後までやり抜こうと思った」と力を込めた。


「A LIFE-愛しき人-」竹内結子元恋人の医師役に当たる竹内結子も、

「最後までこの役柄を踏ん張って演じていきたい」と。


会見後、舞台袖で記者からソロ活動などについて聞かれた木村拓哉。

「全力で」と応じていた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011100866&g=etm


日曜劇場『ALIFE~愛しき人~」1/15日曜夜9時スタート 


【SMAP解散後 木村拓哉 × 竹内結子 撮影中 いちゃつく】


【新春 木村拓哉 SMAP解散後 ドラマ対談】 A LIFE愛しき人 木村文乃対談




共通テーマ:芸能

モーニング娘。’17がマルコメとコラボ「モーニングみそ汁」を披露 [アイドル]

モーニング娘。’17がマルコメとコラボした新商品、

「モーニングみそ汁」の発表会が行われた。

モーニング娘。’17  「モーニングみそ汁」

3月下旬から発売される同商品は、

メンバーそれぞれのイメージカラーや

キャラクターがみそ汁の具材に見立てられており、全4種類。

モーニング娘。’17  「モーニングみそ汁」

卵を担当する飯窪春菜は、

「卵は他の具材のおいしさを引き立てて優しく包み込む。

まさに私と同じと言っても過言ではない」と自信を見せた。

モーニング娘。’17  「モーニングみそ汁」

メンバーはこの日、メジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」をリメークした新曲、

「モーニングみそ汁」を初披露。

モーニング娘。’17  「モーニングみそ汁」

衣装は当時のメンバーが着用していたものをモチーフにデザインされており、

譜久村聖は「フリルを付けて、かわいくしてもらった」

とうれしそうに話していた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=g170028&g=ent





共通テーマ:芸能

華原朋美、小室哲哉さんの歌を今も歌わせて頂けることに感謝してます! [歌手]

10日放送のTBS系「マツコの知らない小室プロデュースの世界」というテーマで、

小室哲哉(58)が番組に登場。

数々のヒット曲にまつわる裏話などが本人の口から語られた。


華原朋美

番組内で、安室奈美恵(39)や篠原涼子(43)をプロデュースしていた頃の秘話

などを明かした小室哲哉は、

華原朋美(42)についても言及。


「華原さんは、とにかくマライア・キャリーになりたい。

マライア・キャリーが好きだった」と振り返り、

「彼女のシンデレラストーリーを作ってあげよう」

という思いでプロデュースに臨んだと語った。


また、華原朋美の大ヒット曲「I’m Proud」について解説する中で、

歌詞に「いちご」が入っているのは華原朋美の意見を取り入れたものだったこと、

華原朋美のダメ出しによって一度歌詞を書き換えていることなどを告白。


この放送を見ていた華原朋美は、

「マツコの知らない小室プロデュースの世界、見てます。

マツコさんありがとうございます」

「ありがたすぎて笑顔が止まりません」

などと、自身のツイッターを連続更新。


その後ブログにも投稿し、

「リアルタイムでマツコの知らない小室プロデュースの世界を観ています」

「一言では申し上げられませんが、

言わせて頂けるのでしたら感謝しかございません。


あの当時、とてもお忙しい小室哲哉さんに作って頂いた華原朋美の曲を、

今もどんな歌よりも大切に大事に心込めて丁寧に歌わせて頂いてます。


小室哲哉さんの作って頂いた歌を今もコンサート等

テレビ番組で歌わせて頂けることに感謝してます!」

と、小室哲哉への深い感謝を記した。


そして、「わたしの過去は誰よりも幸せで誰よりも最高でした」

と振り返り、

「マツコデラックスさん 小室哲哉さんありがとうございます」

と結んでいた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000560-sanspo-ent


共通テーマ:芸能

清水富美加と飯豊まりえのダブル主演映画 ”暗黒女子”の ポスターと予告編が公開! [映画]

清水富美加と飯豊まりえのダブル主演映画 ”暗黒女子”の

ポスターと予告編が公開された。


このたび公開されたポスターには、

正面を向いた清水富美加と飯豊まりえをはじめ、

それぞれを疑うような表情を浮かべる共演陣の姿が捉えられている。

清水富美加と飯豊まりえのダブル主演映画  ”暗黒女子”


一方の予告編では、「皆さん、私を殺してやりたいと思ってるんでしょ?」

とサークルメンバーを脅す学園一の人気者・いつみ(飯豊まりえ)や、

「あなたたちごときでは、彼女の美しさに傷をつけることはできない」

と美しい微笑を浮かべながら静かな怒りを滲ませる小百合(清水富美加)など、

登場人物たちの“恐るべき裏の顔”が映し出されている。



「暗黒女子」の解説

読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、

後味が悪ければ悪いほど“クセ”になってしまう

魅惑のミステリー=<イヤミス>の傑作、

秋吉理香子の小説「暗黒女子」を映画化。


注目度NO1の若手演技派女優の清水富美加、

ティーンに絶大な人気を誇る飯豊まりえがW主演。

さらに清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈が共演。


監督:耶雲哉治 ["百瀬、こっちを向いて。" "MARS~ただ、君を愛してる~"。]


脚本:岡田麿里 ["劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない"  

        "心が叫びたがってるんだ"などの。]

公開:4月1日(土)全国ロードショー


「暗黒女子」のストーリー

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。

ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった白石いつみが謎の死を遂げる。

校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのかわからない。

やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。

親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合は、

部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。

今回のテーマは、「いつみの死」。

それぞれを“犯人”と告発する作品を発表していく。

物語は5つ、動機と結末も5つ……果たして真実はどれ?


・清水富美加(澄川小百合役)コメント

全員かわいい女の子たちがどういう嘘をついたり騙したりするのか、

観たことのない裏の顔を観たいなと思わせられる予告篇になっていると思います。

本作はいつみの死を登場人物それぞれの視点で語っていきますが、

誰が本当のことを言っていて嘘をついているのか探るような気持ちで観てしまいます。

全てが仕組まれていて女子って怖いな!

と思ってしまう最悪の結末が待っていますので、

それが何なのかを、同姓である女子にも、

そうではない男子にも是非観て頂きたいです。

 
・飯豊まりえ(白石いつみ役)コメント

私が演じさせていただいた白石いつみという役は、

誰もが憧れる学園のマドンナという普段の自分とはかけ離れている様な役柄でした。

自分にない、魅惑的な女性像を監督の耶雲さんから求められました。

私は最初から最後までいつみちゃんがとても苦手で、正直嫌いです。

ある意味自分自身をダマしながら演じていたのかもしれません(笑)。

今までにない感覚をおぼえました。

ラストまでかなりテンポ感のある後味悪すぎるイヤミスになっています。

まともに見える人ほどまともじゃないのかな?

なんて妄想が膨らむ様な作品です。

http://news.livedoor.com/article/detail/12521868/



共通テーマ:芸能

長澤まさみ初のミュージカル「キャバレー」、悩殺開脚場面も! [ミュージカル]

女優の長澤まさみが10日、主演ミュージカル「キャバレー」の公開舞台稽古を前に石丸幹二、小池徹平ら共演者と記者会見を行った。

ミュージカル「キャバレー」長澤まさみ


ミュージカル「キャバレー」長澤まさみ-2


ミュージカル「キャバレー」長澤まさみ-04


ナチスが台頭し始めたドイツ・ベルリンのキャバレーの歌姫、サリー役を演じる長澤まさみは、ミュージカルに出演するのは初めて。「すごく楽しく毎日、稽古ができているので、稽古場と同じ気持ちをお客さんに届けられたら」と抱負を語った。

「きょうまで先輩方に支えられ、稽古を乗り切ってきた」という長澤まさみは、「このお話をどのように表現できるのか、不安はあるけれど、すてきなカンパニーで演じられて幸せ」とにっこり。「歌やダンス、その時代の衣装や小道具を楽しみに見に来てもらえたら」とアピールした。

報道陣に公開された舞台稽古では、長澤まさみはセクシーな衣装で歌やダンスをこなし、サリーの恋の相手・クリフを演じる小池徹平とのキスシーンも披露した。小池徹平は会見中、「べったりするなど、ドキドキとするシーンもある。長澤まさみさんのファンに殺されないかな…」と冗談交じりにコメントした。

一方、キャバレーのМC役の石丸幹二は顔を白塗りにして登場。「ご覧の通り、普通の人間ではないけれど、日常にはない世界に飛び込んで演じてみたい」と話した。

「キャバレー」は1966年に米ブロードウェーで初演され、72年公開の映画版はアカデミー賞の8部門で受賞した。日本での舞台初演は82年。今回は2007年版に続いて松尾スズキが演出を手掛け、11日から東京、横浜、大阪などの各都市で上演される。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080200994&g=etm


共通テーマ:芸能