So-net無料ブログ作成
検索選択

長澤まさみ初のミュージカル「キャバレー」、悩殺開脚場面も! [ミュージカル]

女優の長澤まさみが10日、主演ミュージカル「キャバレー」の公開舞台稽古を前に石丸幹二、小池徹平ら共演者と記者会見を行った。

ミュージカル「キャバレー」長澤まさみ


ミュージカル「キャバレー」長澤まさみ-2


ミュージカル「キャバレー」長澤まさみ-04


ナチスが台頭し始めたドイツ・ベルリンのキャバレーの歌姫、サリー役を演じる長澤まさみは、ミュージカルに出演するのは初めて。「すごく楽しく毎日、稽古ができているので、稽古場と同じ気持ちをお客さんに届けられたら」と抱負を語った。

「きょうまで先輩方に支えられ、稽古を乗り切ってきた」という長澤まさみは、「このお話をどのように表現できるのか、不安はあるけれど、すてきなカンパニーで演じられて幸せ」とにっこり。「歌やダンス、その時代の衣装や小道具を楽しみに見に来てもらえたら」とアピールした。

報道陣に公開された舞台稽古では、長澤まさみはセクシーな衣装で歌やダンスをこなし、サリーの恋の相手・クリフを演じる小池徹平とのキスシーンも披露した。小池徹平は会見中、「べったりするなど、ドキドキとするシーンもある。長澤まさみさんのファンに殺されないかな…」と冗談交じりにコメントした。

一方、キャバレーのМC役の石丸幹二は顔を白塗りにして登場。「ご覧の通り、普通の人間ではないけれど、日常にはない世界に飛び込んで演じてみたい」と話した。

「キャバレー」は1966年に米ブロードウェーで初演され、72年公開の映画版はアカデミー賞の8部門で受賞した。日本での舞台初演は82年。今回は2007年版に続いて松尾スズキが演出を手掛け、11日から東京、横浜、大阪などの各都市で上演される。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080200994&g=etm


共通テーマ:芸能