So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる [タレント]

ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる

ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる

 11月14日、千葉県船橋市の非公認ゆるキャラのふなっしーが、映画『ジャスティス・リーグ』の主題歌発表イベントに出席。その中で、現在メディア出演を減らしている理由を明かし、ファンから称賛されているようだ。

 同イベントでふなっしーは、他のご当地ゆるキャラたちとバンドを結成し、映画の主題歌であるビートルズの名曲『Come Together』を生演奏。激しいパフォーマンスを披露したが、演奏後にいきなり「音楽性の違い」と「ギャラの配分」を理由に解散宣言をして、会場を笑わせた。

 その後、MCからメディアへの露出が減ったことを指摘されたふなっしーは、「全国各地でイベントはやってるなっしー!」と反論。さらに「テレビは拘束時間長いのに出番が少ない」「ギャラも少ないなっしー」とテレビ出演の不満を漏らしながらも、現在は「イベントで子どもたちを喜ばせるなっしー」と、ファンと直接触れ合う機会を大切にしていることを明かした。

 そんなふなっしーの方針を、多くのファンが好意的に受け止めたようだ。ネットには「ふなっしーはプロだ!」「本当にいいやつだね、ふなっしー」「ブームは終わったかもしれないけど頑張ってほしい」「どれだけ良い人なんだ、この梨は!」と、ふなっしーの活動を支持するコメントが相次いでいた。

「圧倒的な知名度を誇るふなっしーですが、ゆるキャラとしてのスタンスは以前から変わらないようです。過去にふなっしーは『ご当地キャラ総選挙2013』で、2位に大差をつけて優勝。その後、『ゆるキャラグランプリ』での2冠獲得が有力視されたものの、まだ埋もれているキャラが脚光を浴び、地域の活性化につながるように不参加を表明しました。今でもゆるキャラとしての本分を忘れずに活動しているようですね」(情報誌ライター)――これからも子どもたちを笑顔にしてほしい。




本田翼「ダークばっさー」で、TOKIOを翻弄!? [タレント]

本田翼「ダークばっさー」で、TOKIOを翻弄!?

本田翼「ダークばっさー」で、TOKIOを翻弄!?

 11月15日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、モデルの本田翼(25)がゲスト出演。ゲームについて熱く語る中で、国分太一(43)や松岡昌宏(40)らTOKIOメンバーを厳しく突き放す場面があった。

 この日の放送では、「本田の健康をかなり心配している」という本田の10年来のマネージャーからのクレームを紹介。本田が大のゲーム好きのため、「ゲームをしすぎて睡眠不足にならないよう気をつけてください」という注意が寄せられた。

 国分から、実際にどのぐらいの時間、ゲームをするのか聞かれた本田は、「朝の5時6時」と回答。「だいたい仕事が終わって21時とかにおうちに帰ってきて、朝6時……」と仕事が終わってから9時間はごはんも食べず、ぶっ続けでゲームをすると告白した。

 その後、山口達也(45)から「たとえばさ、彼氏が“ゲームやめてくんねぇかな”って言ったらどうする?」と聞かれると、本田は「無理!」と断言。間髪入れずに言い切った本田にTOKIOメンバーは騒然とし、松岡は「早い……。ここはやっぱり出たね“翼”がね」とツッコミを入れていた。

 彼氏の絶対条件として、「ゲームを好きなだけやらせてくれること」を挙げた本田。松岡が「“俺ゲームダメだからゲームやめてくんないかな”って言ったら、“じゃあ、あなたとはおつきあいできません”ってことになるわけだ?」と確認すると、本田は「(そういう相手のことは)まず好きにもならないと思う」とキッパリ。

 一緒にゲームをやる必要はないが、ゲームという趣味については認めてほしいようで、本田は「“私がゲームしてる間、なんか別のことしてればいいんじゃない?”って」と説明。はっきりとした口調に、国分は「本田さん。もうちょっと言い方……優しくしてほしかったな」とガックリ。松岡もなぜかショックを受けたようで、「今、俺もちょっと寂しくなった」と苦笑いしていた。

「本田は、現在放送中のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で、明るく朗らかな性格の若奥様役を好演中です。しかしその一方で、彼女が見せる冷たくサバサバした表情も、“ダークばっさー”“ブラック本田”と呼ばれて人気を博しています。今年9月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、有田哲平(46)から話しかけられても笑顔ひとつ見せることなく、そっけなくにらみ続け、ネット上の男性ファンを大興奮させていましたね」(芸能誌ライター)――“ダークばっさー”の魅力に、ファンはまたもメロメロ!?




いしだ壱成、19歳女優との「交際宣言」に批判殺到 [タレント]

いしだ壱成、19歳女優との「交際宣言」に批判殺到

いしだ壱成、19歳女優との「交際宣言」に批判殺到

 11月15日、今年8月に離婚したばかりの俳優のいしだ壱成(42)が会見を開き、女優の飯村貴子(19)との交際を発表。この交際宣言に、世間からは批判が上がっているようだ。

 この日の会見で、いしだは舞台で共演した際、飯村に一目惚れしたことを告白。交際スタートは、いしだの離婚が成立した後だったと語り、不倫関係はなかったと説明している。

 そしていしだは、飯村のことを「理想の相手」「性格がすごく合う」とべた褒め。記者から「最後の恋ですか?」と質問されると、「最後の恋。これで最後にします」と断言した。

 さらに会見中に、いしだは飯村に直接電話をかけ、彼女も報道陣の質問に応じる場面も。飯村は「(いしだの)全部が好きなんです」と両思いをアピールし、将来について聞かれると「結婚は視野に入れてます」と前向きな姿勢を見せていた。

 2度の離婚を経て、今回23歳差の交際が発覚したいしだに対し、世間の反応は冷ややかなようだ。ネットには「おっさんが19歳に一目惚れって、すごく恥ずかしい」「最後の恋って言葉が軽い」「離婚する前から好意があったとか、ひどすぎる」と、厳しい意見が続出した。

「いしだは、3か月前に離婚した元妻に、7つの細かいルールを課し、それが守られないと激怒していたとテレビ番組で明かして物議を醸しました。ただ新恋人の飯村には、そんなルールは課していないそうで、むしろいしだが尽くしているようです」(芸能誌ライター)――2人の恋の行方やいかに!?




たけしの「稲垣吾郎へのエール」に、感動の嵐! [タレント]

たけしの「稲垣吾郎へのエール」に、感動の嵐!

たけしの「稲垣吾郎へのエール」に、感動の嵐!

 11月16日深夜に放送された『ゴロウ・デラックス』(TBS系)で、MCの稲垣吾郎(43)に対してビートたけし(70)が贈った言葉がネットで大反響を集めている。

 同番組は、稲垣と外山惠理アナウンサー(42)が、本に関係するゲストを呼びトークを展開するというもの。今回の放送ではたけしが登場し、今年9月に刊行した小説『アナログ』(新潮社)を基に人生観を語った。

 番組の終盤、外山アナが「最近ゴロウさん、“人生の転機”を迎えまして」と稲垣が9月8日にジャニーズ事務所を退所し、再スタートしたことに触れ、「たけしさんから先輩としてアドバイスを」とたけしに助言を頼んだ。

 稲垣が「僕、“転機”を迎えてしまったんです」「いろいろございまして」と話を振ると、たけしは「あらゆる物は転機」「人類だったら、死ぬことで遺伝子を残して、消滅と生まれ変わるのを繰り返すわけ。転機も同じだから、転機はいっぱいあったほうがいいと思うよ」とコメント。

 続けて「転機がいろいろあるってことは、進化している証拠」「脱皮だと思ったらいい。カイコがマユになって、カイコガになって。羽化するまでの、飛び立つまでの段階だと思えば」「実に今、いいとこ来てると思ったほうがいい」と稲垣に熱いエールを送った。稲垣はたけしの言葉に感極まったようで、「ありがとうございます。うれしいなあ」と笑みをこぼした。

 このたけしの言葉は「名言」としてネットでも大きな話題に。「なんて心にズシンと響く言葉なんだ」「たけしから目の前でこんな言葉言われたら絶対泣いてしまう」「他のメンバーにもそれぞれ何か言ってもらいたい!」と絶賛の声が続出。また、「吾郎さんいい顔してる」「吾郎ちゃんがすごくうれしそう!」「楽しそうな吾郎ちゃん見れた、たけしさんありがとう!」など、稲垣ファンからも反響を呼んだ。

「2015年に中居正広(45)とともに出演した『ワイドナショー』(フジテレビ系)でたけしは、SMAP全員について“芸能界のど真ん中にいる”と賛辞を送っていました。しかしその後、解散の報道がされた時期から、メンバーとの共演はありません。そういう意味で、実はこの日の『ゴロウ・デラックス』は大変貴重なものだったんですね。ビートたけしから他メンバーへの言葉も聞いてみたい、というファンは多いはずです」(アイドル誌ライター)――他の元SMAPメンバーとたけしの共演はある?




美保純が暴露、高岡早紀の「イチャイチャ相手」が波紋!? [タレント]

美保純が暴露、高岡早紀の「イチャイチャ相手」が波紋!?

美保純が暴露、高岡早紀の「イチャイチャ相手」が波紋!?

 11月15日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で女優の美保純(57)が、女優の高岡早紀(44)について「現場でイチャイチャしている」と暴露する場面があった。ネット上で大きな話題を集めたが、実際に誰と“イチャイチャ”しているのか気になる人も少なくないようだ。

 この日は「あなたは学校や職場でイチャイチャしたことはありますか?」というテーマでトークを展開。司会のふかわりょう(43)から話を振られた美保は、「撮影現場とかで、イチャイチャしてる人は見かけますね」と返答。ふかわが「それは、女優さんと俳優さん?」と尋ねると、「メインの人とか、監督さんとイチャイチャしたい女優さんはたくさんいて」と返答。続けて「かわいい人だと、高岡早紀さんはけっこうイチャイチャしてる」と、まさかの実名を出して暴露。スタジオは爆笑に包まれるも、ふかわは「はい……まあ、ね」と苦笑し、話をそらした。

 この暴露はネット上でも拡散され大きな話題に。「さすが美保純、タブーなしだ!」「高岡早紀なら想像がつく」「高岡さんにイチャイチャされる監督が羨ましい!」と両者に対しての好意的な反応が多数上がった。だが、実際に誰との話なのか気になる人が続出。「美保純と高岡早紀といえば天皇の料理番だろう」「まさか、佐藤健とイチャイチャ……?」「天皇の料理番の高岡早紀、最高だった」と盛り上がっている。

「高岡早紀と美保純の最近の共演作品といえば、2015年のドラマ『天皇の料理番』(TBS系)でしょう。メインの俳優となると佐藤健(28)ですが、確かに作中で二人が抜き差しならない関係になりまして、高岡演じる洋食屋の奥さんが、夫のいない隙に佐藤演じる主人公を布団に招き入れたりする場面がありました。実際にカメラが回っていないところでもイチャイチャしていたとしたら、なんとも高岡らしい艶っぽい話です」(テレビ誌ライター)

 なお、美保は高岡のイチャイチャについて「モテるというのもありますし」とフォローしながらも、「羨ましいです」と本音を漏らしていた。はたして誰と“イチャイチャ”していたのか、気になるところだ。




大相撲「浅香山部屋のおかみさん」の意外な前歴は? [タレント]

大相撲「浅香山部屋のおかみさん」の意外な前歴は?

大相撲「浅香山部屋のおかみさん」の意外な前歴は?

 いよいよ九州場所も佳境です。今年は、久々の日本出身横綱の誕生など、相撲が注目を集めました。今回は相撲界独自のシステムである相撲部屋にまつわる問題をお届けします。(記録は2017年10月現在・文中敬称略)

■【Q1】現役の横綱を育てた元横綱の親方は誰?

 大相撲の歴史には、同じ部屋から同時期に2人の横綱が生まれた例があります。九重部屋の千代の富士と北勝海、二子山部屋の若乃花と隆の里、同部屋の貴乃花と若乃花などです。ただし、これは極めてレアケースで、むしろ、横綱輩出歴のない部屋は珍しくありません。横綱を育てるというのは本当に難しく、現役時代に強い横綱だった親方でもしかりです。なにしろ、“昭和の大横綱”と呼ばれた大鵬、北の湖、千代の富士の3名でさえ、それを果たせなかったのです。

 一方で、通算幕内優勝4回と、自身は傑出した大横綱ではなかったものの、引退後に弟子を横綱(現役)に育てた人物がいます。それは、次の誰?
(1)大乃国(芝田山親方)
(2)旭富士(伊勢ヶ濱親方)
(3)隆の里(鳴戸親方)

■【Q2】高島部屋が閉鎖された理由は?

 相撲部屋はさまざまな事情で閉鎖されることがあります。かつては横綱2名、大関1名を生んだ名門「花籠部屋」は、1985年に12代目の親方(元横綱・輪島)が、自身の年寄名跡を担保に入れて多額の借金をするなどのスキャンダルが発覚。これがきっかけで廃業し、所属力士たちは「放駒部屋」に移籍しました。花籠部屋は90年代に一度再興されますが、こちらは経営難により10年ほどで再び閉鎖となります。

 元大関・北天佑が親方を務めていた「二十山部屋」は、2006年に親方の他界に伴い閉鎖されました。最近では、2016年の「春日山部屋」の閉鎖があります。部屋の賃貸料の滞納問題が裁判沙汰になるなどし、閉鎖処分となったのです(のちに中川部屋として再興)。

 その昔、横綱・吉葉山や、2大関を輩出した「高島部屋」という部屋もある事情で姿を消しました。さて、その事情とは?
(1)所属力士がひとりもいなくなった
(2)飲食店経営などの副業が失敗して破産した
(3)親方がタレントに転向するために廃業した

■【Q3】浅香山部屋のおかみさんの前歴は?

 相撲部屋の運営において、重要な役割を果たすのがおかみさんです。貴乃花部屋のおかみさんが元フジテレビアナウンサーなのはあまりに有名ですが、キー局の女子アナがおかみさんになった例は他に見当たりません。

 相撲部屋のおかみさんになった著名人としては、『紅白歌合戦』に7度出場した元歌手の高田みづえの存在が際立ちます。1985年に大関・若島津と結婚。夫の引退後は、松ヶ根部屋(現在は二所ノ関部屋)のおかみさんを約30年続けています。

 一方、浅香山部屋(親方は元大関・魁皇)のおかみさんは異色の経歴の持ち主です。さて、それは次のどれ?
(1)元タカラジェンヌ
(2)元バレーボールの日本代表選手
(3)元女子プロレスラー


答えはココを押す!●A答え 出題/小泉珍事郎
Q1=2【解説】第63代横綱・旭富士(伊勢ヶ濱親方)は、第70代横綱・日馬富士を育てています。なお、第59代横綱・隆の里(鳴戸親方)は、稀勢の里のもともとの師匠ですが、愛弟子が第72代横綱になる5年以上前に他界しています。
Q2=1【解説】弟子の数が極端に減り、1名ないし2名という状態が続き、最後はとうとうゼロになってしまいました。
Q3=3【解説】浅香山部屋のおかみさんは、80年代に活躍した全日本女子プロレス所属のプロレスラー、西脇充子でした。なお、彼女の同期入門にはタレントとして活躍中の北斗晶がいます。




「尾田さん嫌い」BLEACH作者のぶっちゃけ発言が大反響! [タレント]

「尾田さん嫌い」BLEACH作者のぶっちゃけ発言が大反響!

「尾田さん嫌い」BLEACH作者のぶっちゃけ発言が大反響!

 ラジオ番組『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』(TBSラジオ)に、人気漫画『BLEACH』(集英社)の作者、久保帯人氏が2週連続で出演。漫画に関するぶっちゃけトークを披露して、ファンに衝撃を与えたようだ。

 11月4日の放送で、久保氏は他の漫画家や編集者との関係を語った。デビュー作の人気アンケートの結果が4位だったという久保氏。自分の1つ上の順位にランクインしたのが、のちに『ONE PIECE』(集英社)でブレイクする尾田栄一郎氏だったそうで、久保氏は「そのときから、尾田さんのことは嫌いなんです」と発言した。

 さらに、翌週の11月11日の放送では、『BLEACH』のハリウッド版製作の話があったことを告白。このハリウッド版『BLEACH』は、監督や主演俳優の候補まで挙がっていたが、久保氏が何度も脚本の修正を要求するうちに契約期間が過ぎてしまい、ハリウッド映画の話は立ち消えになってしまったと明かした。

 これを聞いたサンドウィッチマンの伊達みきお(43)が、妥協しようとは思わなかったのかと尋ねると、久保氏は「(ハリウッド版)『ドラゴンボール』の例もあるので……」とポツリ。これには伊達も「あー言っちゃった」と苦笑していた。

 その後も、漫画家同士が集まると他の漫画の悪口になるという話や、新人のとき新年会で先輩作家に頭を下げなかったエピソードなどを披露。そんな久保氏のぶっちゃけトークは、多くのリスナーを驚かせたようだ。ネットには「ぶっちゃけすぎて大丈夫かな」「漫画家先生は闇を抱えてる人が多いけど、久保先生は特に真っ黒」「ハリウッドに物申せる久保先生強すぎる」など、衝撃を受ける人が続出していた。

「この番組には、さまざまな『少年ジャンプ』(集英社)の作家陣が出演し、興味深いエピソードを披露しています。以前にも、『黒子のバスケ』の藤巻忠俊先生が、締め切りに追い詰められて号泣したことや、『テニスの王子様』の許斐剛先生が、完成原稿をアシスタントに消去されてしまったことを告白し、漫画ファンの間で話題になりました。僕の担当する作家には、こんな面白エピソードありませんよ」(漫画誌編集者)――めったに聞けない漫画家トークに興味は尽きない。




指原莉乃「気色わる!」にゃんこ・3助の嫉妬にドン引き!? [タレント]

指原莉乃「気色わる!」にゃんこ・3助の嫉妬にドン引き!?

指原莉乃「気色わる!」にゃんこ・3助の嫉妬にドン引き!?

 11月15日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、にゃんこスターのスーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)が出演。スーパー3助の嫉妬ぶりに、HKT48の指原莉乃(25)がドン引きする場面があった。

 今回の番組オープニングでは、MCを務めるチュートリアルの徳井義実(42)が、アンゴラ村長のコスプレをして、スペシャルゲストのにゃんこスターとともに登場し、彼らのネタを披露。その後、“にゃんこスターより型破りな日テレ系アナウンサー”をテーマに、いろんな意味で型破りの女性アナウンサーたちが登場した。

 “型破りアナ”として、青森放送の伊東幸子アナ(37)、テレビ信州の内田有紗アナ(25)、テレビ金沢の馬場ももこアナ(25)が紹介された後、MCを務めるフットボールアワーの後藤輝基(43)が「お二人、つきあってんやもんな」と、にゃんこスターに話題を振った。これにスーパー3助がアンゴラ村長から告白されたと明かし、さらにアンゴラ村長が「いいですよね、この体育見学してそうな感じ」と、スーパー3助のお気に入りポイントを語ると、指原は「すっごい生々しい」と、早くもドン引きしていた。

■共演の徳井義実に嫉妬!?

 後藤に「生々しいって、どういうこと?」と問われた指原は、「芸人さんがおつきあいされているとか、夫婦でやられている方って、あんまり生々しさないけど、なんかもう、(二人は)めちゃめちゃ生々しい」と語り、「分かります?」と他の出演者に同意を求めた。

 また「(ふだんは)めちゃめちゃケンカします」と語る二人に、後藤が「最近は何でケンカした?」と問うと、スーパー3助は、番組の収録スタンバイ中、アンゴラ村長と徳井が舞台裏に二人きりでいたのを「うらやましいな」と嫉妬したと告白。すると、指原は「いや〜っ、気色わる〜!」と叫びだし、スタジオの笑いを誘っていた。

「番組中、スーパー3助は“こういう感じのネタでもありますし、パーって飽きられるの早いんじゃないかなとかありますね”と、にゃんこスターが一発屋になってしまう嫌な予感がすると、冷静に語っていました。年内は最初の勢いであちこちのテレビ番組に出演できるでしょうが、問題は年明け以降。二人がトークにうまく対応できるかどうかで、その後が決まるでしょうね」(お笑いライター)――今後に注目!




広瀬すず「坂元新ドラマ主演」に寄せられる期待と不安 [タレント]

広瀬すず「坂元新ドラマ主演」に寄せられる期待と不安

広瀬すず「坂元新ドラマ主演」に寄せられる期待と不安

 11月13日、女優の広瀬すず(19)が、2018年1月スタートの連続ドラマで主演を務めることが明らかになった。しかしファンの間では、今回の主演に不安が広がっているようだ。

 広瀬が主演を演じるのは、日本テレビの新水曜ドラマ『anone(仮タイトル)』。これまで『Mother』や『Woman』(ともに日本テレビ系)などの人気ドラマを手がけてきた坂元裕二氏が脚本を担当し、広瀬と田中裕子(62)との共演が決まっている。

 このドラマは、すべてを失い、生きる術を知らなかった少女が、“ある事件”をきっかけに老齢の女性と運命的な出会いを果たすという内容。人が生きることの意味を問いかけ、真実の人間愛を見つけるという物語だという。

 これが10代最後の連ドラ主演となる広瀬は、「10代は少女と言われる時期でもあると思います。今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいな、と思います」と番組公式サイトにコメントしている。

 そんな広瀬の主演ドラマ起用だが、ファンは素直に喜べないようだ。ネットには「日テレの水10枠って視聴率が高いイメージだから、プレッシャーにならなきゃいいけど」「坂元さんの脚本だからこそ、演技力が浮き彫りになるよね」「コケちゃったら放送期間中ずっと言われちゃうだろうから、メンタルが心配」と、作品への期待が高い分、逆に広瀬を心配するコメントが多く上がっていた。

「広瀬は最近の出演映画の興行収入が振るわず、人気の陰りが指摘されています。10月にも、広瀬がヒロインを務める映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』が公開されましたが、こちらもいま一つ。今回のドラマは、ヒットメーカー坂元氏の関わる作品ということで、注目度はかなり高くなりますから、“どうか大コケしないでほしい”という広瀬ファンの思いがあるのでしょう」(芸能誌ライター)――ファンの心配を吹き飛ばす演技に期待したい。




塚本高史「イケメン俳優飲み会」に嫌悪感!? [タレント]

塚本高史「イケメン俳優飲み会」に嫌悪感!?

塚本高史「イケメン俳優飲み会」に嫌悪感!?

 11月16日放送の『有吉・櫻井THE夜会』(TBS系)に、俳優の塚本高史(35)が出演。俳優同士がなれ合うことを拒否する理由を、MCの有吉弘行(43)らに語った。

 今回の放送では、“人気俳優の意外な私生活SP”と題して、塚本らが普段は見せない禁断の素顔を明らかにした。塚本とMCを務める嵐の櫻井翔(35)はドラマ『木更津キャッツアイ』(同局系)で15年前に共演していて、当時を「楽しかったね~」と懐かしんでいた。しかし「いまだにつきあいがあるの?」と問われると、塚本は「まったくないっすね」と答え、櫻井と会うのも5年ぶりだと明かした。

 そこで、櫻井が「俳優さんとかで集まったりするじゃん。つるむっていうか」と、他の俳優仲間とのつきあいについて問うと、塚本は「つるまないね、僕は!」と断言。櫻井に「誰と一緒にいるの?」と聞かれると「僕、バンドやってるんで、そのバンドのメンバーとかしかいないですね」と答えた。

 また、準レギュラーであるタレントの小倉優子(34)が「誘われたりとかは、ありますよね?」と聞くと、塚本は「(誘いは)あります。お誕生日会来てくれとか」と答えたが、「絶対行かないです」とキッパリ。驚いた小倉が「誕生日ですよ? お祝いじゃないですか」とツッコんでも、塚本は「そういうの(誕生日会を)開くやつが俺、ダメなんですよ」と否定し、「仕事でも、時間が空いてても行かないです」と強調した。

■本音は寂しいから?

 これには有吉も納得がいかないようで「イケメン俳優が集まって、演技論を語るんでしょ?」と追求したが、塚本は「知らないっすよ!」と一蹴。続けて、塚本は「同業者っていうのが、プライベートでダメなのかもしれないです。気を遣っちゃうし、“次の(仕事の)時間、大丈夫?”とかなっちゃう」と語り、「一回誘ったら、最後まで一緒にいたいから。気を遣ってまで一緒にいるのがダメなんですよね」と説明した。

 そこで、小倉が時間が来たら帰ればいいと意見を言うと、これまで強気発言していた塚本が「嫌だ! 嫌だ! 嫌だ! 帰ってほしくないもん」と甘えん坊のような反応を見せ、さらに「寂しがり屋だから」と自己アピール。有吉は「わがままだな!」とツッコんだが、すぐに「酔っちゃうとね、そうだよね」と、酒の席では寂しがり屋になってしまうことには理解を示していた。

「塚本はケンカが破壊的に強く格闘家並みだと噂されていて、4月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演したときは、バンド仲間をボコボコにしたことを暴露されていました。また、仕事仲間への礼儀や立ち振る舞いにも厳しいのですが、酔うと違った一面を見せるようですね」(芸能誌記者)――酔えば酔うほど人恋しくなる?




前の10件 | -